リモート会議で

Smart-id なら、在宅勤務でリモート商談で顧客に対して画面を通して名刺を送ることができます。

サービスの申し込みを簡略に

Smart-id なら、サービスの申し込みに対してたくさんの項目を入力しなくてもサービス事業者へ基本的な情報を伝えてくれます。

サービス事業者の負担軽減

サービス事業者も利用者への本人確認を促すなどの業務を行わないでも本人確認証を受け取るだけです。

企業内で名刺の管理を軽減

企業内では社員の移動や部署の新設や名称変更のたびに名刺の再発行をするなどの工数を本部の工数や分散された工数も必要ありません。

個人のインターネット管理

現在インターネットに無数のサービスが存在します。ちょっとしたウェビナーを受講するだけでも氏名から社名から連絡先まで入力を促すシステムがほとんどです。