管理者のためのSmart-id

デジタルIDを発行することで紙の身分証や社内証を作る必要がなくなります。社内だけでなく、外部に対する証書としても有効です。

名刺を管理する方法はいくつかあります。まず社内の人事システムからのデータを連携して名刺情報を更新することです。この方法で名刺に対する人的工数が不要になります。また、現場から名刺の配布を依頼するシステムを採っている組織では現場で最新の名刺を発行して交換が可能になります。

また、社内での名刺管理システムに名刺交換情報を連携することでスムーズな仕組みを立ち上げることが可能です。

サービス事業者のためのSmart-id

Smart-idを使う利点

Smart-idの基本

Smart-idの使い方

API

APIディレクトリ