現代の社会はインターネットができてから大きくその風景が変わりました。それまでのコンピューターによる情報化がぶつ切り状態だったのが、一気に世界が繋がって、そこにヤフーのような新しいビジネスが生まれネットバブルが弾けるまですごい勢いでした。バブルが弾けてしばらく静かでしたが結局世界が繋がっていく速度は加速し特に iPhoneが生まれてからどんどんスマホファーストによって拡大が始まりました。

Google、 Apple、Facebook、Amazonの発展はすごいことになり、iPhoneの工場であった中国がシリコンバレーの勢いを一気に飲み込み中国自体の経済成長の爆発的な成長にも現れました。

ただ、その中であまりにもたくさんのサービスが世界中に多岐にわたり次々と生まれ、確かに時代を創生するようなサービスが次々と生まれました。それによってわれわれの活動も制約条件をどんどん外して外へ外へと、また生活の隅々まで広がりを持って進展するようになったことはいいのですが、一つ一つに関してその都度アカウントIDをとってパスワードを作成して個人情報を登録しさらには二要素認識のための処理を加えるというような大変な工数を強いられていることも事実であり、これが限界を超えているとも言えます。

いくつかのプラットフォーマーはそのような不便さを解消すべく新たな仕組みを用意しているようですが、やはり個別のサービスとしての位置付けを超えることはできないでいると考えてもいい状況です。

smart identifyの仕組みはこれを払拭しデジタル時代に個人や組織がネットワークの中で誰であるかという真正性を捕捉してたくさんのサービスをスムーズに利用できるために努力しています。