Appleは、2020年の年次開発者会議「Worldwide Developers Conference」(WWDC)を米国時間6月22日よりオンラインで開催すると発表した。(CNET japan)

すべての開発者が「Apple Developer」アプリと「Apple Developer」のウェブサイトから無料でWWDCにアクセスできる。

もちろん開発者以外もストリーミングでキーノートを見ることができるはず。

オンライン開催は3月に発表していたが、今回開催日が6月22日からと具体的になった。

例年Appleは6月初旬にWWDCを開催し、「iPhone」や「iPad」「Mac」向けの新しいソフトウェアを発表している。

新規OSの機能が明らかになり、今後のアップルの戦略を見ることができる。

Categories:

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ニュース